家族葬の費用と安心

家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用 家族葬は故人と親しい人や家族、親族のみで行う葬儀です。一般的な葬儀と異なり故人や遺族の意向に沿ってできる点がメリットで、会葬御礼品や大きな会場を用意しなくても良いので費用も比較的かかりません。また、家族葬の場合、参列してくださった方への気配りをしなくても良く、故人との時間をゆっくりと過ごすことができ、余裕をもってお別れをすることもできます。
家族葬は、音楽をかけたり、故人の好きな花を飾ったりとある程度自由にできます。ですが、好きな花を飾る場合は亡くなった時期によってはお花代が多くかかることがあり、十分に考えなくてはなりません。そして葬儀後近所の方や知り合いから自宅へ訪問されることもあり、その際にちょっとしたものを用意しなくてはならないので、その分の費用はかかってきます。一般的な葬儀よりも抑えることはできますが、安く抑えられるわけではないので、どのような式をしたいのかということを考えて行動をすると良いでしょう。

家族葬の場合は費用を節約できる

家族葬の場合は費用を節約できる 家族や親族等の少人数で行う家族葬の場合、葬儀社に支払う金額を50万円以下に抑えることもでき、費用を節約できることから高い人気を誇ります。昔は葬儀に何百万円もかけて豪華に執り行うことも多かったのですが、近年ではそのような葬儀を行うのは少数派となっています。
一般的に葬儀にかかる費用は平均で122万円程度とされていますが、家族葬では約3分の1の料金で済ませることも可能です。ただし、これは葬儀自体の費用であって、お坊さんのお布施等の寺院費や通夜振る舞い・精進落としの飲食接待費等が含まれていないケースが多いので注意する必要があります。また、費用面はもちろんですが、家族葬を選ぶ理由としては「身内だけで静かに見送りたい」という気持ちが強いことも人気が高まっている理由でしょう。特に最近では、故人本人でも「家族だけで静かに見送ってほしい」と希望する人が増えています。このようなことから、費用を節約したいというのは誰もが考えることですが、葬儀を執り行う際には故人の意向が最も重要であると言えます。

新着情報

◎2018/9/12

家族葬にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

ローンも組める
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬での香典
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 費用 」
に関連するツイート
Twitter

『老後の資金がありません(垣谷 美雨)』 うちも父親の葬儀費用には辟易した 自分は戒名も墓もいらんなぁと思う

Twitterびしゅらんまん@bisyuranman

返信 リツイート 11:01

葬儀に必要な費用・その節約とは webpondo.com/sougihiyou-set…

Twitter葬儀はじめてネットワーク@sougihajimete

返信 リツイート 10:15

【札幌市 自宅葬】 札幌市で自宅で行うご葬儀は一番費用が安い当社にお任せ下さい。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…... aishin-ceremony.co.jp/article/detail…

Twitterアイシンセレモニー@aishin_ceremony

返信 リツイート 9:26

白木祭壇やデザイン祭壇は再利用される上に葬儀費用が 高くなりがちです。 弊社のお葬式は故人様の為だけの生花祭壇で送るオリジナル葬儀です。 memorial-h.com/plan/index.html

Twitter安心低価格の葬儀社 メモリアルハート@hirocere1

返信 リツイート 9:20

返信先:@kentarotakahash 葬儀費用では棺桶、祭壇、骨壷、供花、そして香典返しにもそれぞれ値段差が生じ、宗旨によっては読経のお礼、戒名の費用はまちまちです。ここらが分かりにくくしている。今は、葬儀社も生前の葬儀見積相談も行なってますし、ご家族と話して選択してはどうでしょうか?

Twitter梅田 芳(a.k.a尾城夏人)@oshironatto

返信 リツイート 9:15

ともあれ、母はこうして欲しいということをノートに記してあったので、その通りの葬儀をして良かったと思うのだが、自分のことを考えると、こんなには費用をかけて欲しくないし、もっと違うやり方があるのではないかと思う。

返信先:@kentarotakahash 祖父祖母がキリスト教信者だったので 教会で式をしましたが葬儀回りの費用はかなり低額でした。

Twitterミヤザキタカシ@TakashiMiya

返信 リツイート 8:24

喪主に押し寄せる手続き地獄については前にも書いたけれど、それとは別に葬儀費用がかかり過ぎる。普通に(葬儀社が持ってくるメニューの真ん中くらい選んで)通夜〜告別式やって、四十九日は全部、自分でアレンジ。それでも300万くらいかかった。

自分が死んだら遺体は火葬場で焼き、遺骨は思い出の海や山に撒いて欲しい。あるいは親族だけの小ぢんまりとした葬儀で済ませて欲しい。大勢の人を集めて盛大に葬式を催したところで所詮は形式に過ぎない。世間の目を気にするあまり葬式に無駄な費用をかけても意味がない。(「死は醜くない」1/11)

Twitter松原日治の言葉@dissident_buddh

返信 リツイート 7:46

自分でも自分が死んじゃったら「関係ない、葬儀なんて費用が嵩むだけ」と今は考えているが、今後本当に身寄りも知人もなく孤独な晩年を過ごした末に、ジョンのような人たった一人に弔えてもらえたなら、それはとても嬉しいことだなあと……。