家族葬の費用と安心

家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用 家族葬は故人と親しい人や家族、親族のみで行う葬儀です。一般的な葬儀と異なり故人や遺族の意向に沿ってできる点がメリットで、会葬御礼品や大きな会場を用意しなくても良いので費用も比較的かかりません。また、家族葬の場合、参列してくださった方への気配りをしなくても良く、故人との時間をゆっくりと過ごすことができ、余裕をもってお別れをすることもできます。
家族葬は、音楽をかけたり、故人の好きな花を飾ったりとある程度自由にできます。ですが、好きな花を飾る場合は亡くなった時期によってはお花代が多くかかることがあり、十分に考えなくてはなりません。そして葬儀後近所の方や知り合いから自宅へ訪問されることもあり、その際にちょっとしたものを用意しなくてはならないので、その分の費用はかかってきます。一般的な葬儀よりも抑えることはできますが、安く抑えられるわけではないので、どのような式をしたいのかということを考えて行動をすると良いでしょう。

家族葬の場合は費用を節約できる

家族葬の場合は費用を節約できる 家族や親族等の少人数で行う家族葬の場合、葬儀社に支払う金額を50万円以下に抑えることもでき、費用を節約できることから高い人気を誇ります。昔は葬儀に何百万円もかけて豪華に執り行うことも多かったのですが、近年ではそのような葬儀を行うのは少数派となっています。
一般的に葬儀にかかる費用は平均で122万円程度とされていますが、家族葬では約3分の1の料金で済ませることも可能です。ただし、これは葬儀自体の費用であって、お坊さんのお布施等の寺院費や通夜振る舞い・精進落としの飲食接待費等が含まれていないケースが多いので注意する必要があります。また、費用面はもちろんですが、家族葬を選ぶ理由としては「身内だけで静かに見送りたい」という気持ちが強いことも人気が高まっている理由でしょう。特に最近では、故人本人でも「家族だけで静かに見送ってほしい」と希望する人が増えています。このようなことから、費用を節約したいというのは誰もが考えることですが、葬儀を執り行う際には故人の意向が最も重要であると言えます。

新着情報

◎2019/5/10

葬儀に呼ぶ人の範囲
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

家族葬にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

ローンも組める
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬での香典
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 費用 」
に関連するツイート
Twitter

白木祭壇やデザイン祭壇は再利用される上に葬儀費用が 高くなりがちです。 弊社のお葬式は故人様の為だけの生花祭壇で送るオリジナル葬儀です。 memorial-h.com/plan/index.html

Twitter葬儀社メモリアルハート@hirocere1

返信 リツイート 17分前

現代の若者の収入考えたら葬儀費用でまた人が死ぬよこれ

・人気が落ちてもずっとパトロンしてくれた(定期演奏会の客が自分一人になっても来てくれた) ・葬儀に来てくれた(費用負担もしてくれた?) ・残された息子たちへの援助も惜しまなかった

出産費用 葬儀代 生まれては金を取られ 死んでは金を取られ まったくこの世はほんに地獄よ。

Twitter帰ってきた忍者反論bot@ninjahanron

返信 リツイート 15:12

完了(1)健康保険の資格停止・葬儀費用請求手続き 完了(2)準確定申告の手続きを聞いてくる 完了(3)高額医療費の払い戻し請求の手続き 未了(4)戸籍謄本郵送請求のための郵便子為替の購入 (2)はetaxは不可。書類を揃える必要あり。(4)は2700円もかかるらしい。

何人参列者が来るかわからん葬式ってヤバイんだよ…… 香典返し幾つ用意すんのかとか、お焼香の時間を延長するかどうかとか、物理的に金も時間も手間もかかる。石油王なら全部葬儀屋にお任せするとこだけど、かけられる費用の上限が限られてると結構遺族が頑張らないとアカンねん。

Twitterひろぽん@🐻5/6インテ3号館ニ32b@kuma6666

返信 リツイート 13:32

ちなみに、保険におけるリスクとは、『想定外の経済的負担』の事です。 入院した時の医療費、働けなくなった際の収入減、死亡した際の葬儀費用、整理資金、残された家族の生活費などを指します。

Twitter福岡の保険代理店ニューライフプランニング@nlplanning

返信 リツイート 12:06

今日やるべきこと (1)健康保険の資格停止・葬儀費用請求手続き (2)準確定申告の手続きを聞いてくる (3)高額医療費の払い戻し請求の手続きを聞いてくる (4)戸籍謄本郵送請求のための郵便子為替の購入 ・・・こんなところか。

葬儀には通夜や告別式などの費用は消費税がかかります。お坊さんに戒名を頼んたり、葬儀てお経を読んでもらうときのお市施は課税対象外です。キリスト教の献金や神社の玉串料なども同様です。火葬費用は非課税、精進落としのお斎の費用は課税対象となります。 #老後#資金#マネー

【札幌市自宅葬】 札幌市で自宅で行うご葬儀は一番費用が安い当社にお任せ下さい。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*... aishin-ceremony.co.jp/article/detail…

Twitterアイシンセレモニー@aishin_ceremony

返信 リツイート 7:31