家族葬の費用と安心

家族葬で最もお金がかかる場面

家族葬で最もお金がかかる場面 家族葬は名前の通り家族のみで行うものですが、一般には家族、親戚、親しい知人のみで行う小規模な葬儀のことを言います。
葬儀の係るお金は、施設の費用、葬儀施行の費用、参列者のおもてなしの費用、宗教者へのお礼などがあります。
施設の費用である式場の使用料や参列者のおもてなしの費用は規模が小さいことで家族葬は安く済みます。
また火葬場の使用量や宗教者へのお礼は、どの形式の葬儀でも変わりはありません。
最もお金がかかる場面は葬儀施行の費用です。
ただしどんな葬儀を行うかで金額は大きく変わります。
祭壇や御棺、骨壺などを豪華にすればたくさんの費用になり、逆にシンプルなものにすれば安く済みます。
家族葬では参列者からご香典はいただかず、親しい家族、身内のみで執り行われます。
シンプルな形式でゆっくりと故人をお見送りするのが良い家族葬と言えます。
喪主がひとりで葬儀のやり方を決めるのではなく、行う斎場の担当者と入念に打ち合わせを行うことが大切です。

家族葬の予算の組み方

家族葬の予算の組み方 家族葬の予算の組み方は、最初に予算組みの中心となる人物を決定する所から始まります。
従来の葬儀は、葬儀を行う場所や葬具のレベルなどから決定していきますが、家族葬は弔問客や参列者の数が極限られている事が最も大きな特徴である事から弔問客及び参列者の数を決定する事で予算が決まっていきます。
家族葬は、遺族と極限られた親族や知人だけで執り行われるので一般的な葬儀の様に対外的な世間体や見栄を張る必要が無いので葬具のレベルを必要最低限にする事が出来ます。
葬儀業界は、異業種からの参入や葬儀規模の縮小に頭を悩ませている葬儀業者も多く、葬儀業者は少しでも葬儀費用の増加を目的として弔問客や参列者の数の追加及び葬具のレベルアップなどを勧めて来るので気をつける必要があり、家族葬のメリットの1つである葬儀費用の削減を決定者は忘れない様にするべきです。
しかし、極限られた人数で行われる葬儀ですが、オンリーワンの高額な葬儀を望む遺族や故人も増加傾向にあります。

新着情報

◎2018/9/12

家族葬にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

ローンも組める
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

家族葬での香典
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬式 予算」
に関連するツイート
Twitter